雨漏りの修理に保険を使用できるのか

subpage01

雨漏りや屋根の修理を行う際、火災保険が使用できるのか不安に思っている人もいるかもしれませんが、経年劣化によって起こった屋根や外壁のヒビなどによって起こった雨漏りには、適用されません。通常、火災保険というのは、火災や落雷、破裂、雪・雹・風災や爆発によって起こった被害に適用される保険ですから、経年劣化によって起こった雨漏りは補償されることはありません。台風による被害の場合、会社によって補償されるかどうかには違いがありますから、事前に確認することが大事です。



日本のように地震の多い土地に住んでいる場合、地震によって瓦がずれたり、外壁にヒビが入ることがあります。
そういった箇所から雨水が浸入してしまうことも考えられますが、残念ながら地震によって外壁にヒビが入り、それが原因で雨漏りが起こったとしても、火災保険では補償されません。



地震が原因による被害は、地震保険が補償の対象となりますから、注意が必要です。


屋根や外壁というのは、なかなか劣化状態を確認することができませんが、ヒビ劣化は進んでいますから、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

経年劣化によって雨漏りが起こった場合、どこから雨水が浸入したのかを確認することが難しく、気がつかないうちに内部の木材が浸食されてしまい、リフォームが不可能な場合もあります。



全面建て直しになると、莫大な費用がかかってしまいますから、そうなる前に、定期的にメンテナンスを行うことが大事です。