雨漏りに利用できる保険について

subpage01

家屋のトラブルの中でも雨漏りは、比較的症状が分かりやすく、程度によっては放置されてしまうこともあります。
特に、雨音や天井のシミなどは軽く捉えられることも多く、その結果、知らないうちに被害が大きくなるケースも少なくありません。



雨漏りは、専門業者に依頼をすることで確実な対応をすることができ安心へとつながりますが、ここでは、不安な面として費用があります。

修理費用は内容によって幅があり、症状によっては大きな出費につながる場合もあります。雨漏りで以外と知られていないものに保険の利用があります。一般的に家屋は火災保険に加入をしており、契約条件に適用することで工事費の負担をすることなく修理をすることが可能となります。



火災保険は火事の他にも、風災・雪害・水災など、主に自然災害に該当した場合にも利用できるようになっており、例えば台風による強風や大雨などで家屋が被害を受けた場合には適用になります。
よく利用されているケースとしては雪害があり、降雪地域では屋根の破損はもちろんのこと、雨樋修理、軒裏のシミなどの修理が行われています。


利用のメリットは、雨漏りに関係する内容であれば適用になることにがあり、仮に高所作業で足場が必要となるケースにおいても仮設費まで含まれることがあります。
また、何度でも申請をすることができ、利用をしても保険料が上がらない点もメリットの1つとなります。

保険による補償は3年以内のものであれば利用することができます。

法によって申請期限が3年以内と定められており、それ以内であれば適用を受けることができます。



この場合の注意点としては必ず写真を撮っておくことがあり、特に、既に修理が済んでしまっているようであれば、施工前、施工中、施工後の写真を提示することで説明がしやすくなります。